当事務所の感染防止対策について

ご相談者さまにこのような状況下でも安心してご相談いただけるよう、相談室の換気・飛沫感染防止パネルの設置・全スタッフのマスク着用など、感染防止対策に万全を期しております。

  • 感染防止対策
  • 感染防止対策

インターネット面談について

「コロナ禍で外出できない…。」ご来所しづらい事情がある方へ、プロスト法律事務所ではZOOMなどを使ったネット面談もご用意しております。操作に不安がある方もサポートしますので、ご安心ください。

  • インターネット面談
  • インターネット面談

交通事故の解決事例

下肢欠損|裁判で事故態様と加害者の過失を明らかにし、総額7,800万円で解決!

【後遺障害4級】下肢欠損による日常生活への影響を明らかにし、介護費用・家屋改造費用等を認定。

Xさんの場合
大阪府 30代 / 男性 / 会社員
傷病名
右脛骨開放骨折(膝関節以下欠損)
等級
4級
提示された
慰謝料
相談前の金額
相談後の金額 7,800万円

将来介護費認定。7,800万円で和解

1.仕事中にフォークリフトに轢かれ、右足を膝下から失う

大阪在住のXさんは運送会社に勤務されていましたが、私有地内である会社駐車場で資材を運んでいる途中に、倉庫からバックしてきたフォークリフトに轢かれるという交通事故に遭われました。
フォークリフトの運転手はXさんの存在に気が付いていなかったらしく、最初の衝突後、路上に転倒したXさんの右足に乗り上げました。
その結果、Xさんは右脛骨開放性粉砕骨折・右下腿部広範囲デコルマン損傷等の深刻な傷害を負い、下肢を温存することが困難であると判断されたため、膝関節離断術を受け、右膝関節下欠損となりました。
その後Xさんは義足を作成し、事故後、約1年間のリハビリを受けた上で症状固定となりました。

 

2.会社側から損害を否定されたため、賠償責任を認めさせる目的で来所

当初 会社側は、損害について「十分な補償はする」と回答していたことから、Xさんは警察に被害届を提出されず、交通事故に関しては内々で処理されることになりました。
しかしその後、会社との間で事故状況や過失割合について大きな認識の違いがあることが明らかになりました。
会社側は、本件交通事故についてはXさんの過失が極めて大きく、労災保険のみで解決すべき事案であると主張。支払うべき賠償金は存在しないと言いました。
Xさんは「会社側の主張は受け入れられない」として、今後の加害者側との交渉と裁判を依頼するため、当弁護士事務所に来所・相談されました。

当弁護士事務所はXさんから当時の交通事故の状況についてお聞きし、Xさんにも相応の過失があることは否定できないが、Xさんの過失がフォークリフト側の過失よりも大きくなることは考え難いと説明しました。
その上で当弁護士事務所は、Xさんが右足を膝関節下で欠損されたことから、後遺障害は4級5号に当たることを指摘し、後遺障害の性質上、将来に渡っての逸失利益・介護費用・自宅改造費用など、Xさんの将来に関わる費用が争点となることから、賠償責任については徹底的に争わなければならないと説明しました。
Xさんは当弁護士事務所の説明・方針にご納得され、委任契約となりました。

まず当弁護士事務所は具体的な事故状況を確認するため、刑事資料の有無を確認しました。その結果、実況見分などは作られていなかったものの、事故直後に警察官による簡易な捜査は行われていたことが確認できました。
そこで当弁護士事務所は当時の捜査担当の警察官との面談をお願いし、衝突位置やおおよその事故状況を確認した上で改めて被害届を提出し、正式な捜査が行われることとなりました。
当弁護士事務所は刑事資料を確認した結果、十分に過失割合を争えると判断。
大阪地方裁判所に提訴しました。

 

3.裁判で有利な過失割合を認定。介護費用・自宅改造費等も認定

裁判では過失割合のほか、介護費用・逸失利益など、多くの争点が問題となりました。

3-1.過失割合

過失割合について加害者側は、現場は業務中の車両が通行することが予定された私有地であることから、一般道路と異なり、歩行者よりも車両の通行が優先されると主張し、加害者側には過失は存在しないと主張しました。
これに対して当事務所は、労働安全衛生法・同規則がフォークリフト等を用いて作業を行う事業所内の安全基準を定めており、事業所内の労働者・歩行者を保護していることを指摘し、私有地である会社駐車場内であっても、歩行者の安全が保護されることは変わらないと主張をし、且つ、同様の判断を行った判例を証拠として提出しました。
裁判所は当方の主張を受け入れ、事故当時の状況からXさんにも相当程度の過失があることは確かであるが、加害者の過失の方が重大であることを認めました。

3-2.家屋改造費、介護費用

また当事務所はXさんの下肢欠損による日常生活への影響、義足適合性の問題、家族による介護の実態を明らかにし、Xさんが最低限の生活を送るためには自宅の改造、将来に渡る介護費用、装具費用等が必要となると主張しました。
大阪地方裁判所の裁判官は、当方の主張する装具費用・自宅改造費をすべて認めた上で、“これらの環境を整えたとしても、なお家族による介護の必要性も否定できない”とし、介護費用の一部を認める認定をしました。

3-3.逸失利益

その他 加害者側は事故後、会社側からXさんを解雇した訳ではなく、雇用継続も考慮していたのであるから、Xさんの希望次第で仕事の継続は可能であり、逸失利益は存在しないと主張しました。
当弁護士事務所は、Xさんは下肢欠損により通勤自体が極めて困難であるだけなく、本件事故後の経緯から、Xさんが関係の悪化した会社に勤務を継続することはあり得ないことを指摘しました。

裁判所は当方の主張を認め、全額の逸失利益を認定しました。
最終的に、Xさんの事案では総額 7,800万円で解決することが出来ました。

 

おわりに|交通事故問題は弁護士の手腕によって大きく解決結果が変わる

本件のような重篤事案では、被害者の方の将来のためにも十分な慰謝料・賠償金を獲得する必要がありますが、加害者側との争いは深刻なものとなります。
このような事案では、事故後の対応や証拠収集の出来が結果に直結することも多く、法的な専門知識だけでなく、重篤な交通事故に関わった豊富な経験が必須となります。
交通事故により重篤な傷害を負われた方は、今後、加害者側との争いになることが想定されますので、早い段階で交通事故専門の弁護士に相談されることをお勧めします。

 

文責 プロスト法律事務所 弁護士 林 征人

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
交通事故に詳しい弁護士を大阪で探すなら|プロスト法律事務所 
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-5-4 難波末沢ビル7階
フリーダイヤル:0120-258-308
営業:月曜~木曜 AM9:00~PM6:00、金曜はPM5:00まで
定休日:土・日・祝日
メールは24時間受付け → https://prost-law.com/contact/
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ご相談の流れ

初めての交通事故、突然の事故でも心配無用。当事務所は親切・丁寧・迅速に対応させていただきます。

  • STEP 1

    お問い合わせ

    電話・メールでのお問い合わせは無料です。当弁護士事務所のスタッフが交通事故の内容をお伺いします。

  • STEP 2

    弁護士と対面相談

    相談のご予約をいただいたのち、弁護士とご相談いただきます。交通事故の専門弁護士が丁寧に対応します。

  • STEP 3

    受任

    適正な慰謝料・賠償金、後遺障害等級が得られるよう、専門弁護士が最後まで全力でサポートします。

【場合によっては】後遺障害申請や等級結果でお困りの場合、ご相談時に【MRI・CT】などの画像資料を確認させていただく場合があります。

交通事故に強い弁護士

プロスト法律事務所

示談金の増額・適正な後遺障害等級の獲得電話相談無料:まずはお気軽にお電話でお問い合わせください0120-258-308

慰謝料の増額・適正な後遺障害等級の獲得

下のボタンから電話をかけられます。

0120-258-308に電話する

上記の曜日・時間外は留守番電話で対応します。
メールでのお問い合わせは、24時間お受付しています。

※物損事故、事故加害者からの相談は受け付けておりません

メールでお問い合わせ

解決事例を探す

条件指定で解決事例を探す

主要な条件の組み合わせから、当事務所が解決した事例をご覧になれます。

例)会社員+5級+頭部外傷など

特に条件を指定しない場合、チェックは不要です。

被害者の職業
※複数選択可
後遺障害等級
※複数選択可
被害を受けた部位
※複数選択可

この画面を閉じる

自分に合った事例を絞り込む

肩(かた)
※複数選択可
腕・肘(ヒジ)
※複数選択可
手・指
※複数選択可

このページを閉じる

自分に合った事例を絞り込む

股(また)
※複数選択可
膝(ヒザ)
※複数選択可
足・指
※複数選択可
その他
※複数選択可

このページを閉じる

【ご相談受付け 対応エリア】

ご相談受付け 対応エリア

交通事故問題に関する弁護士相談の受付けは、大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀・和歌山です。

死亡や重症、重度後遺障害に関するお問い合わせは日本全国対応します。

自保ジャーナルに掲載されました

プロスト法律事務所
〒556-0011
大阪市浪速区難波中3丁目5-4
難波末沢ビル7階

2020年4月1日より、事務所名 みまや法律事務所 を「プロスト法律事務所」へと名称変更しました。

» 運営弁護士事務所ご案内

お気軽にお電話でお問い合わせください 0120-258-308

※物損事故・加害者の方からのご相談は受け付けておりません。

※上記時間外や土・日・祝は、留守番電話対応とさせていただいております。
メールでの相談受付は24時間受付しています。

よくあるご質問

ページトップへ戻る

  • 電話で相談
  • メール相談