交通事故の解決事例(すべて)

【後遺障害9級】両手関節の可動域制限で各10級10号、併合9級を獲得!

事故後減収がなかった事案で67歳までの逸失利益を認定。

障害
被害者:
大阪府 40代/男性/会社員
傷病名:
両手関節橈骨遠位端骨折、頸椎棘突起骨折、腰椎捻挫
等級:
9級
当方弁護士に委任前
当方弁護士に委任後 3,572万円

3,572万円で解決。

大阪在住のWさんは、バイクで道路を走行中、路外駐車場から道路に侵入してきた車と衝突するという交通事故に遭われました。

この交通事故でWさんは、両手関節橈骨遠位端骨折、頸椎棘突起骨折、腰椎捻挫等のお怪我を負われ、約2か月間の入院と1年以上の通院を余儀なくされました。

Wさんは手術とその後のリハビリにより骨は癒合したものの、両手関節に強い痛みや可動域制限などの後遺障害が残存してしまいました。

Wさんは重い後遺障害が想定されたため、治療中の早い段階から、治療や後遺障害申請の進め方について、当弁護士事務所にご相談頂きました。

後遺障害併合9級を獲得!

当弁護士事務所はWさんからお話を聞き、両手関節の症状を確認したところ、両手関節の可動域制限が特に大きく、両手関節とも一般の方の半分以下しか動かない状態にあることが分かりました。

当弁護士事務所は、Wさんの両手関節の可動域制限が非常に大きいことから、骨折だけでは可動域制限の説明がつかないと判断。そこで、Wさんの可動域制限の原因を明らかにするため、画像検査を実施頂き、カルテの精査を行ったところ、Wさんは両手関節の骨折後に不整が生じて痛みの原因となっており、その痛みが原因となって関節の拘縮が進んだため、リハビリが上手くいかなかった経緯があることが分かりました。

そこで、当弁護士事務所は、画像上の異常とカルテの経過を証拠として、Wさんの両手関節の可動域制限が本件交通事故により生じたことを主張して後遺障害申請。当弁護士事務所が提出した意見書のとおり認められ、両手関節の可動域制限について各10級10号、併合9級が認定されました。

訴訟で解決。労働可能年限までの逸失利益を認定!

Wさんの事案では、Wさんがご自身の努力により早期に職場復帰して仕事を継続したため、復職後には明確な減収がありませんでした。

加害者側保険会社はこの点を指摘し、逸失利益(将来の収入減少)は存在しないと主張。
双方の主張の乖離が大きかったため、大阪地方裁判所に訴訟を提起。訴訟でも主要な争点となりました。

当弁護士事務所は、本件交通事故後Wさんに減収が無いのはWさん自身の努力の結果であること、Wさんの後遺障害は両手関節の可動域制限であり仕事に影響が出ることが明らかであること、将来的に仕事を継続できるか不透明であること等を主張・立証。

裁判官は当方の主張を受け入れ、就労可能年限67歳までの逸失利益を認めました。

結果として、Wさんの交通事故事案では、総額3,572万円で解決することが出来ました。

 

Wさんのように重度の可動域制限が残存した事案では、適切な後遺障害を獲得するためには骨折の事実だけでは足りず、可動域制限が生じるに足るだけの器質的原因を明らかにする必要があります。

器質的原因を明らかにするためには、適切な時期に検査を行う必要があり、長時間が経過した後からでは十分な検査が行えない可能性があります。

交通事故後、重度の可動域制限が残ってしまった方は、ある程度早期の段階で一度交通事故専門の弁護士にご相談下さい。

 

文責 プロスト法律事務所 弁護士 林 征人

 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

交通事故に強い弁護士を大阪で探すなら|プロスト法律事務所

〒556-0011

大阪府大阪市浪速区難波中3-5-4 難波末沢ビル7階

フリーダイヤル:0120-258-308

営業:月曜~木曜 AM9:00~PM6:00、金曜はPM5:00まで

定休日:土・日・祝日

メールは24時間受付け → https://prost-law.com/contact/

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 

ご相談の流れ

初めての交通事故、突然の事故でも心配無用。当事務所は親切・丁寧・迅速に対応させていただきます。

  • STEP 1

    お問い合わせ

    電話・メールでのお問い合わせは無料です。当弁護士事務所のスタッフが交通事故の内容をお伺いします。

  • STEP 2

    弁護士と対面相談

    相談のご予約をいただいたのち、弁護士とご相談いただきます。交通事故の専門弁護士が丁寧に対応します。

  • STEP 3

    受任

    適正な慰謝料・賠償金、後遺障害等級が得られるよう、専門弁護士が最後まで全力でサポートします。

【場合によっては】後遺障害申請や等級結果でお困りの場合、ご相談時に【MRI・CT】などの画像資料を確認させていただく場合があります。

交通事故に強い弁護士

プロスト法律事務所

示談金の増額・適正な後遺障害等級の獲得電話相談無料:まずはお気軽にお電話でお問い合わせください0120-258-308

慰謝料の増額・適正な後遺障害等級の獲得

下のボタンから電話をかけられます。

0120-258-308に電話する

上記の曜日・時間外は留守番電話で対応します。
メールでのお問い合わせは、24時間お受付しています。

※物損事故、事故加害者からの相談は受け付けておりません

メールでお問い合わせ

解決事例を探す

条件指定で解決事例を探す

主要な条件の組み合わせから、当事務所が解決した事例をご覧になれます。

例)会社員+5級+頭部外傷など

特に条件を指定しない場合、チェックは不要です。

被害者の職業
※複数選択可
後遺障害等級
※複数選択可
被害を受けた部位
※複数選択可

この画面を閉じる

自分に合った事例を絞り込む

肩(かた)
※複数選択可
腕・肘(ヒジ)
※複数選択可
手・指
※複数選択可

このページを閉じる

自分に合った事例を絞り込む

股(また)
※複数選択可
膝(ヒザ)
※複数選択可
足・指
※複数選択可
その他
※複数選択可

このページを閉じる

【ご相談受付け 対応エリア】

ご相談受付け 対応エリア

交通事故問題に関する弁護士相談の受付けは、大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀・和歌山です。

死亡や重症、重度後遺障害に関するお問い合わせは日本全国対応します。

自保ジャーナルに掲載されました

プロスト法律事務所
〒556-0011
大阪市浪速区難波中3丁目5-4
難波末沢ビル7階

2020年4月1日より、事務所名 みまや法律事務所 を「プロスト法律事務所」へと名称変更しました。

» 運営弁護士事務所ご案内

お気軽にお電話でお問い合わせください 0120-258-308

※物損事故・加害者の方からのご相談は受け付けておりません。

※上記時間外や土・日・祝は、留守番電話対応とさせていただいております。
メールでの相談受付は24時間受付しています。

よくあるご質問

  • 電話で相談
  • メール相談