プロスト法律事務所における感染症対策
感染防止対策

プロスト法律事務所では、ご相談者さまにこのような状況下でも安心してご相談いただけるよう、相談室の換気・飛沫感染防止パネルの設置・全スタッフのマスク着用など、感染防止対策に万全を期しております。安心してご相談ください。

  • 感染防止対策
  • 感染防止対策
  • 感染防止対策
  • 感染防止対策

交通事故の解決事例

TFCC損傷|造影剤検査により損傷が判明。後遺障害12級13号を獲得。

【後遺障害12級】長期間にわたる休業損害・逸失利益を認定。

Nさんの場合
大阪府 50代 女性(兼業主婦)
傷病名
手首(橈骨・尺骨)骨折、TFCC損傷
等級
12級
提示された
慰謝料
相談前の金額
相談後の金額 959万円

TFCC損傷発見により総額959万円で解決

骨折は癒合(ゆごう)したが、手関節の痛みが治らない…

大阪在住のNさんは、道路端を自動二輪車で走行していたところ、合図もなく路外に左折進入しようとする車と接触する交通事故に遭い、左手首(橈骨・尺骨)骨折の傷害を負われました。
Nさんは、骨折部位にプレート固定術を受け、約1年後に抜釘した際には、骨折部位にはある程度良好な癒合(ゆごう)が得られていました。
しかし、骨折部位が癒合しているにもかかわらず、Nさんには強い手関節の痛みが残っており、日常生活や仕事に大きな影響が及んでいました。
Nさんは、医師にも相談しましたが、「治療は十分である」「骨折後に若干の痛みが残るのは普通だ」などと説明されるだけで、納得のいくものではありませんでした。

そこで、Nさんは、適切な後遺障害を獲得するため、当弁護士事務所に来所・相談されました。

 

手関節造影剤検査によりTFCC損傷が判明。後遺障害12級13号を獲得!

まず、当弁護士事務所は、Nさんから症状を伺ったところ、Nさんの左手関節の症状は、安静時痛よりも運動時痛が強く、特に手関節を回内・回外(ドアノブなどを回す動作)したときの痛みが強いというものでした。
当弁護士事務所は、この症状からTFCC損傷を疑いましたが、Nさんは長期に渡って骨折部位のプレート固定を行っていたため、手関節のMRI検査を受けることができていない状態でした。
そこで、当弁護士事務所は、明確にTFCC損傷が明らかになる所見が必要であると判断。Nさんに手関節造影剤検査を受けて頂くことになりました。

造影剤検査の結果、NさんのTFCの関節円板から造影剤の漏れが確認でき、スリット損傷が認められました。当弁護士事務所は、造影剤検査の結果に加え、医師にTFCC損傷部位・態様を明らかにする意見書を作成して頂いた上で、後遺障害申請を行いました。

その結果、自賠責は本件事故による左手関節TFCC損傷を認め、後遺障害12級13号が認定されました。

 

交通事故紛争処理センター(大阪)を利用。あっせん手続きで和解が成立。

その後、当弁護士事務所は、認定された後遺障害等級12級13号をもとに、加害者側保険会社との示談交渉を開始しました。
しかし、当方と加害者側保険会社の提示額の差は非常に大きく、示談交渉で和解が難しくなったため、交通事故紛争処理センター(大阪)で解決することとなりました。 

交通事故紛争処理センターでは、主に、休業損害・逸失利益が問題となりました。

保険会社側は、Nさんの治療期間について「骨折後の経過観察の意味合いが強い」として、低額の休業損害主張。逸失利益についても「痛みの後遺障害は症状の緩解が見込める」として、短期間の労働能力喪失期間を主張しました。
これに対し、当方は、TFCC損傷の程度や家事・生活・仕事への支障を明らかにし、長期間の休業損害・逸失利益を認めるべきと反論しました。

斡旋委員は、当方の主張を受け入れ、Nさんに有利な、長期間の休業損害・逸失利益を認める和解案が提示されました。
最終的にNさんの事案では、総額959万0,492円で解決することができました。

 

交通事故に強い弁護士が「適切な後遺障害等級の獲得」をサポートします。

手や肩などの関節周辺を骨折した場合、同時に腱や靭帯などの軟部組織を損傷することが良くあります。
しかし、多くの骨折事案では、交通事故直後に金属プレート・ワイヤー・ピンなどで内固定を行いますので、抜釘までMRIが撮影できず、靭帯損傷等が見逃されることが少なくありません。

こうした場合、自ら主治医に依頼し、抜釘後にMRIや造影剤検査等の画像検査を受けて、損傷を明らかにしなければなりません。

適切な後遺障害の獲得のためには、軟部組織損傷を見逃さないための医学的知識と豊富な経験・実績に基づいた鋭い着眼点が不可欠なのです。

当弁護士事務所は、3,000件を超える交通事故事件解決の経験と、弁護士事務所全体の取り組みとして、定期的に医学研究会を実施し、日々医学知識の蓄積、向上に励んでおります。
後遺障害等級でお悩みの方は、一度、当弁護士事務所までご相談ください。

 

文責 プロスト法律事務所 弁護士 林 征人

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
交通事故に強い弁護士を大阪で探すなら|プロスト法律事務所 
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-5-4 難波末沢ビル7階
フリーダイヤル:0120-258-308
営業:月曜~木曜 AM9:00~PM6:00、金曜はPM5:00まで
定休日:土・日・祝日
メールは24時間受付け → https://prost-law.com/contact/
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ご相談の流れ

初めての交通事故、突然の事故でも心配無用。当事務所は親切・丁寧・迅速に対応させていただきます。

  • STEP 1

    お問い合わせ

    電話・メールでのお問い合わせは無料です。当弁護士事務所のスタッフが交通事故の内容をお伺いします。

  • STEP 2

    弁護士と対面相談

    相談のご予約をいただいたのち、弁護士とご相談いただきます。交通事故の専門弁護士が丁寧に対応します。

  • STEP 3

    受任

    適正な慰謝料・賠償金、後遺障害等級が得られるよう、専門弁護士が最後まで全力でサポートします。

【場合によっては】後遺障害申請や等級結果でお困りの場合、ご相談時に【MRI・CT】などの画像資料を確認させていただく場合があります。

交通事故に強い弁護士

プロスト法律事務所

示談金の増額・適正な後遺障害等級の獲得電話相談無料:まずはお気軽にお電話でお問い合わせください0120-258-308

慰謝料の増額・適正な後遺障害等級の獲得

下のボタンから電話をかけられます。

0120-258-308に電話する

上記の曜日・時間外は留守番電話で対応します。
メールでのお問い合わせは、24時間お受付しています。

※物損事故、事故加害者からの相談は受け付けておりません

メールでお問い合わせ

解決事例を探す

条件指定で解決事例を探す

主要な条件の組み合わせから、当事務所が解決した事例をご覧になれます。

例)会社員+5級+頭部外傷など

特に条件を指定しない場合、チェックは不要です。

被害者の職業
※複数選択可
後遺障害等級
※複数選択可
被害を受けた部位
※複数選択可

この画面を閉じる

自分に合った事例を絞り込む

肩(かた)
※複数選択可
腕・肘(ヒジ)
※複数選択可
手・指
※複数選択可

このページを閉じる

自分に合った事例を絞り込む

股(また)
※複数選択可
膝(ヒザ)
※複数選択可
足・指
※複数選択可
その他
※複数選択可

このページを閉じる

【ご相談受付け 対応エリア】

ご相談受付け 対応エリア

交通事故問題に関する弁護士相談の受付けは、大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀・和歌山です。

死亡や重症、重度後遺障害に関するお問い合わせは日本全国対応します。

自保ジャーナルに掲載されました

プロスト法律事務所
〒556-0011
大阪市浪速区難波中3丁目5-4
難波末沢ビル7階

2020年4月1日より、事務所名 みまや法律事務所 を「プロスト法律事務所」へと名称変更しました。

» 運営弁護士事務所ご案内

お気軽にお電話でお問い合わせください 0120-258-308

※物損事故・加害者の方からのご相談は受け付けておりません。

※上記時間外や土・日・祝は、留守番電話対応とさせていただいております。
メールでの相談受付は24時間受付しています。

よくあるご質問

ページトップへ戻る

  • 電話で相談
  • メール相談