プロスト法律事務所における感染症対策
感染防止対策

プロスト法律事務所では、ご相談者さまにこのような状況下でも安心してご相談いただけるよう、相談室の換気・飛沫感染防止パネルの設置・全スタッフのマスク着用など、感染防止対策に万全を期しております。安心してご相談ください。

  • 感染防止対策
  • 感染防止対策
  • 感染防止対策
  • 感染防止対策

交通事故に関するコラム

手関節TFCC(三角繊維軟骨複合体)損傷

交通事故による手関節の外傷のうち、代表的なものの一つにTFCC損傷があります。

TFCC(三角繊維軟骨複合体)とは、手首の小指側に存在する靭帯や繊維軟骨の複合体で、腕の2本の骨(橈骨と尺骨)や手根骨を繋ぎ、手関節小指側の安定性や支持性などに寄与しています。
TFCC損傷は、大きく分けて外傷性と変性の2種類に分けられますが、このうち交通事故の後遺障害が問題となるのは外傷性のみです。

近年、自賠責はTFCC損傷の後遺障害について厳しく判断する傾向にありますので、適切な後遺障害を獲得するためには、十分な証拠が必要となります。

当弁護士事務所におけるTFCC損傷の解決事例はこちら。

 

TFCC損傷の症状と診断

TFCC損傷の主な症状は、手関節の尺側(小指側)の安静時痛、運動時痛、回内回外(腕をひねる動作)の可動域制限です。
特に、手関節をひねった際の疼痛が強く、症状によっては手関節の掌屈・背屈運動の可動域制限が生じる場合もあります。
これらの症状が認められる場合、TFCCストレス検査・shake handテストなどの徒手検査が実施され、陽性の場合にはTFCC損傷が疑われます。
但し、後遺障害が認定されるためには徒手検査では不十分であり、MRI撮影や造影剤検査による確定診断が必要となります。

交通事故によるTFCC損傷が証明できている場合、疼痛が残存している場合には神経症状の後遺障害12級13号、手関節の可動域制限が残存している場合にはその程度により10級10号か12級6号が認定されます

 

後遺障害認定のポイント

近年、MRI検査や造影剤検査の結果、TFCC損傷の診断を受けても、後遺障害認定で「本件事故によるTFCC損傷とは認められない」との理由で否定されることが良くあります。

このため、被害者としては、TFCC損傷が事故による外傷であることを示す証拠を集めておくことが重要となります。
骨折後にTFCC損傷が確認された場合であれば、TFCC損傷が事故による外傷であることは比較的容易に認められます。
しかし、手関節の打撲や捻挫にとどまる場合には、事故直後の外傷所見やその後の治療経過・ギプスや装具による固定期間などの証明が必要です。

特に、事故直後の外表所見は見過ごされてしまう場合が多いので、手関節尺側(小指側)に腫脹や血腫がある場合には、主治医にカルテに記載してもらう、腫脹や血腫を写真に残すなど、証拠を残しておきましょう。
(参考コラム ~腫脹・血腫の重要性~交通事故外傷直後

その他、MRIや造影剤検査の結果、TFCC損傷の診断を受けても、TFCC損傷が明らかでないと指摘され、後遺障害が否認される場合もあります。
こうした場合は、改めて手の専門医で検査を受けるなどの手段を講じる必要があります。

当事務所HPでは、TFCCの解決事例を多数紹介させて頂いています
手関節の症状が長期間改善しない、TFCC損傷について適切な後遺障害申請をしたいとお考えの方は参考にしていただけると幸いです。

文責 プロスト法律事務所 弁護士 林 征人

◆ ◆ −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
交通事故に強い弁護士を大阪で探すなら
プロスト法律事務所 
〒556-0011 
大阪府大阪市浪速区難波中3-5-4,難波末沢ビル7階 
フリーダイヤル:0120-258-308
営業:月曜~木曜 AM9:00~PM6:00、金曜はPM5:00まで 
定休日:土・日・祝日
メールお問い合わせは24時間受付け
◆ ◆ −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ご相談の流れ

初めての交通事故、突然の事故でも心配無用。当事務所は親切・丁寧・迅速に対応させていただきます。

  • STEP 1

    お問い合わせ

    電話・メールでのお問い合わせは無料です。当弁護士事務所のスタッフが交通事故の内容をお伺いします。

  • STEP 2

    弁護士と対面相談

    相談のご予約をいただいたのち、弁護士とご相談いただきます。交通事故の専門弁護士が丁寧に対応します。

  • STEP 3

    受任

    適正な慰謝料・賠償金、後遺障害等級が得られるよう、専門弁護士が最後まで全力でサポートします。

【場合によっては】後遺障害申請や等級結果でお困りの場合、ご相談時に【MRI・CT】などの画像資料を確認させていただく場合があります。

交通事故に強い弁護士

プロスト法律事務所

示談金の増額・適正な後遺障害等級の獲得電話相談無料:まずはお気軽にお電話でお問い合わせください0120-258-308

慰謝料の増額・適正な後遺障害等級の獲得

下のボタンから電話をかけられます。

0120-258-308に電話する

上記の曜日・時間外は留守番電話で対応します。
メールでのお問い合わせは、24時間お受付しています。

※物損事故、事故加害者からの相談は受け付けておりません

メールでお問い合わせ

解決事例を探す

条件指定で解決事例を探す

主要な条件の組み合わせから、当事務所が解決した事例をご覧になれます。

例)会社員+5級+頭部外傷など

特に条件を指定しない場合、チェックは不要です。

被害者の職業
※複数選択可
後遺障害等級
※複数選択可
被害を受けた部位
※複数選択可

この画面を閉じる

自分に合った事例を絞り込む

肩(かた)
※複数選択可
腕・肘(ヒジ)
※複数選択可
手・指
※複数選択可

このページを閉じる

自分に合った事例を絞り込む

股(また)
※複数選択可
膝(ヒザ)
※複数選択可
足・指
※複数選択可
その他
※複数選択可

このページを閉じる

【ご相談受付け 対応エリア】

ご相談受付け 対応エリア

交通事故問題に関する弁護士相談の受付けは、大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀・和歌山です。

死亡や重症、重度後遺障害に関するお問い合わせは日本全国対応します。

自保ジャーナルに掲載されました

プロスト法律事務所
〒556-0011
大阪市浪速区難波中3丁目5-4
難波末沢ビル7階

2020年4月1日より、事務所名 みまや法律事務所 を「プロスト法律事務所」へと名称変更しました。

» 運営弁護士事務所ご案内

お気軽にお電話でお問い合わせください 0120-258-308

※物損事故・加害者の方からのご相談は受け付けておりません。

※上記時間外や土・日・祝は、留守番電話対応とさせていただいております。
メールでの相談受付は24時間受付しています。

よくあるご質問

ページトップへ戻る

  • 電話で相談
  • メール相談