交通事故に関するコラム

自転車事故と自動車事故との示談の違い【加害者側に賠償責任保険などがある場合】

大阪府内の全交通事故のうち、自転車事故が31%を占めており、全国の19%と比較しても高い割合を示しています(平成26年度統計)。
自転車事故だからといって、加害者側の責任が軽いということはなく、自動車での事故と同様に損害に応じた賠償がされます。
加害者側が「賠償責任保険」などに加入していれば、保険会社から賠償金を受領することが可能です。

 近年、高額な賠償を伴う自転車事故が増加しており、兵庫県では「自転車の安全で適正な利用の促進に関する条約」13条において、自転車の利用者・未成年の保護者・従業員がいる事業者に保険加入を義務化しました(平成27年10月1日施行)。
滋賀県でも条例案が可決され、平成28年10月1日から施行されます。
大阪においても、条例案が議会に提出され、近い将来、保険加入が義務化される見込みです。

 それでは、自動車事故と異なる点はどこにあるのでしょうか。

 

① 示談交渉の相手方が加害者本人の事がある。

保険が適用され、示談代行サービス付の契約であれば、自動車事故と同様、保険会社と直接示談交渉ができます。しかし自転車の場合、「示談代行サービスがついていない」ことが珍しくありません。その場合、示談交渉は加害者本人と行わなければなりません。
加害者本人との交渉となるとなかなか相手が電話に出ない、または激しく争われたりと、解決までに相当の時間を要することがあります。
 

② 自転車事故の場合、自賠責保険が使えません。

自転車事故の場合、自賠責保険がありません。
そのため、後遺障害の認定の手続が加害者側加入の保険によって異なります。
※詳しくは下記 コラムをご参考ください( ↓ )。
【コラム】加害者が自転車などで自賠責保険が使えない場合、後遺障害認定手続や損害賠償請求はどうなるのか。

 

③ 紛争解決手段として交通事故紛争処理センターが利用できません。

交通事故紛争処理センターは、利用規定1(2)①において「自転車の対歩行者・対自転車事故による損害賠償に関する紛争」は手続きの対象外としており、利用できません。
そのため示談で折り合いがつかない場合、裁判で解決することも少なくありません。

自転車事故は上記②のように、手続きが分かりにくい場合が多く、示談までどうすればよいのか戸惑う被害者の方も少なくありません。
自転車事故に遭われ、今後の示談交渉や後遺障害の申請などに不安をお持ちの場合には、一度当弁護士事務所にご相談ください。

文責 プロスト法律事務所 弁護士/佐々木元起

◆ ◆ −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
交通事故に詳しい弁護士を大阪で探すなら
プロスト法律事務所 
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-5-4,難波末沢ビル7階
フリーダイヤル:0120-258-308
営業:月曜~木曜 AM9:00~PM6:00、金曜はPM5:00まで
定休日:土・日・祝日
メールお問い合わせは24時間受付け
◆ ◆ −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ご相談の流れ

初めての交通事故、突然の事故でも心配無用。当事務所は親切・丁寧・迅速に対応させていただきます。

  • STEP 1

    お問い合わせ

    電話・メールでのお問い合わせは無料です。当弁護士事務所のスタッフが交通事故の内容をお伺いします。

  • STEP 2

    弁護士と対面相談

    相談のご予約をいただいたのち、弁護士とご相談いただきます。交通事故の専門弁護士が丁寧に対応します。

  • STEP 3

    受任

    適正な慰謝料・賠償金、後遺障害等級が得られるよう、専門弁護士が最後まで全力でサポートします。

【場合によっては】後遺障害申請や等級結果でお困りの場合、ご相談時に【MRI・CT】などの画像資料を確認させていただく場合があります。

交通事故に強い弁護士

プロスト法律事務所

示談金の増額・適正な後遺障害等級の獲得電話相談無料:まずはお気軽にお電話でお問い合わせください0120-258-308

慰謝料の増額・適正な後遺障害等級の獲得

下のボタンから電話をかけられます。

0120-258-308に電話する

上記の曜日・時間外は留守番電話で対応します。
メールでのお問い合わせは、24時間お受付しています。

※物損事故、事故加害者からの相談は受け付けておりません

メールでお問い合わせ

解決事例を探す

条件指定で解決事例を探す

主要な条件の組み合わせから、当事務所が解決した事例をご覧になれます。

例)会社員+5級+頭部外傷など

特に条件を指定しない場合、チェックは不要です。

被害者の職業
※複数選択可
後遺障害等級
※複数選択可
被害を受けた部位
※複数選択可

この画面を閉じる

自分に合った事例を絞り込む

肩(かた)
※複数選択可
腕・肘(ヒジ)
※複数選択可
手・指
※複数選択可

このページを閉じる

自分に合った事例を絞り込む

股(また)
※複数選択可
膝(ヒザ)
※複数選択可
足・指
※複数選択可
その他
※複数選択可

このページを閉じる

【ご相談受付け 対応エリア】

ご相談受付け 対応エリア

交通事故問題に関する弁護士相談の受付けは、大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀・和歌山です。

死亡や重症、重度後遺障害に関するお問い合わせは日本全国対応します。

自保ジャーナルに掲載されました

プロスト法律事務所
〒556-0011
大阪市浪速区難波中3丁目5-4
難波末沢ビル7階

2020年4月1日より、事務所名 みまや法律事務所 を「プロスト法律事務所」へと名称変更しました。

» 運営弁護士事務所ご案内

お気軽にお電話でお問い合わせください 0120-258-308

※物損事故・加害者の方からのご相談は受け付けておりません。

※上記時間外や土・日・祝は、留守番電話対応とさせていただいております。
メールでの相談受付は24時間受付しています。

よくあるご質問

  • 電話で相談
  • メール相談